足もみ(官足法)健康教室 トモトモ

腰痛・偏頭痛・うつなどを他より安く改善したいなら大阪市東淀川区の足もみ(官足法)健康教室トモトモにお越しください。

ようこそ!!
パワフルよっちゃんことパワフルおばさんの朝長陽子と申します。(学習塾塾長が本業です。)

朝長塾長

あなたとの出会いを大切に、ご本人の努力次第で健康寿命を延ばす官足法という健康法であなたの大切な家族・パートナー・友達などを守りましょう。

腰痛・偏頭痛・うつなどを他より安く改善したいなら大阪市東淀川区の足もみ(官足法)健康教室トモトモにお越しください。

どうしてよくなるのか?

「足裏は第二の心臓」と言われるように第一の心臓が収縮を繰り返し、血液を全身に送り出し足裏が血液を送り返す働きを助ける。この働きをさして「足裏は第二の心臓」と呼ばれるのです。 心臓から遠く離れている足には、汚れた血液が溜まりやすく管の細い毛細血管が縦横無尽に走り、少しの障害でも詰まりやすくなっています。 「第二の心臓」といわれる足裏が、活発に働かなければ体のごちそうを運び、その排泄物を運ぶ血管がつまり、あらゆる器官に悪影響が出るのです。 足裏には体の各器官と繋がっているいる反射区(神経の集まった所)があり、その反射区を揉むことで皮下・筋肉・筋に沈殿している汚れをつぶして、静脈からの吸収をしやすくし血液循環を良くして、汚れを運び去って排泄するという誰にでも簡単に出来る健康法なのです。 「足の汚れが万病の原因だった」官 有謀著者より



お知らせ


あなたは本気で病気を治したいとお思いでしょうか?

朝、目覚めると朝日を浴びて「さぁ今日も1日頑張るぞ✨」と気合いを入れ、体にスイッチを入れる事で1日がスタート🎵 病気ひとつしたことがないと健康に自信があり、幸せなことに周囲の人にも軽い持病持ちの方は何 …

no image

健康が当たり前の生活に感謝していますか?

毎日の変化のない生活に、不平不満を口癖のように言っているということは ないでしょうか? 口癖ではないにしても、周囲の人達又は友達が楽しそうにしている姿を見ることで 自分の環境と比較してしまい、マイナス …

新ホームページ立ち上げました。

2018/04/06   -その他
 ,

4ヶ月程ホームページへのアクセスが出来ていなかつたのですが、 4月度からまた、皆さんとご一緒に健康寿命を延ばす為に、自分で出来る 健康法をお勉強したいと思います。 気長にお付き合い頂けると嬉しいです。 …

no image

健康になる為に、あなたは何をしますか?

2017/12/16   -官足法
 , ,

2017 健康が当たり前の生活が、突然病に襲われる。 風邪、耳鳴り、めまい、白内障などなど、誰にでも経験のあるまた今後も経験するであろう病気などは、当人また家族はそれほど驚く症状とは思わないと思います …

no image

官足法(足揉み健康法)の実技指導は必要?

昔から官足法ファンで「足の汚れが万病の原因だった!」官有謀先生の書籍は熟知しているという男性I氏が施術に来教。   本を見ながら自己流での足もみをしたりしなかったり。今年になって、ストレスか …

T棒

官足法って単純明快な健康法!

Q:官足法(足もみ健康法)ってこんなに簡単な方法で、健康になれるすごい健康法なんですか?   A:「簡単な方法」と言い切りたいですが、実際に体験された方は、「こんなに痛くつらいことをする自信 …

官足法(足もみ健康法)を地元地域(大阪市東淀川区)に広めたい!

今回は、官足法の勉強会でまず知っておくべき基本【官足法の原理・原則】についてお届けします。(官足法講座資料から)   1.官足法の原理  官足法を実践すると、なぜ病気が治るのか?身体は「ある …

no image

「うつ病」あなたの手で改善できます。パート2

2017/11/08   -うつ病
 , , ,

「うつ病克服記録パート2」   先生から引き継いでの足もみ治療が始まりました。   当初の症状というとまっすぐの歩行困難、目の焦点合わず、一人での外出できない、会話が成立しない状態 …

「うつ病」あなたの手で改善できます!パート1

2017/11/01   -うつ病
 , ,

先週の「うつ改善法」についての文面は読んで頂けましたでしょうか。   今回は、見事「うつ病」をご本人と塾長との二人三脚で克服して社会復帰したH氏の記録を、今なお「うつ病」と戦っている方への応 …

no image

「うつ病」と診断を受けたときに、あなたはどんな治療法を選択しますか?

「うつ病」心の病気・・・ストレス、体の病気、環境の変化など生活の様々なことが重なって発病脳の伝達物質(セロトニン・ノルアドレナリン)の低下により起こる病気との説   医師が「うつ病」と診断す …